キャッシングを即日 個人事業主でも可能なの?

キャッシングやカードローンは、最短即日で審査から融資まで可能なのが最大の特徴にはなりますが、サラリーマンの方だけでなく、個人事業主の方でも即日融資が可能なのでしょうか??

ここでは、即日融資と個人事業主の関係について、まとめたいと思います。

個人事業主でも、即日融資は可能です

先に結論から言いますと、サラリーマンや個人事業主という収入の違いがあれど、審査に関する内容は、基本的には同じですので、即日融資は審査の上で可能です。

ただし、個人事業主といっても、幅広く意味を示す事がありますので、それぞれの詳細を見ていきますと、

白色申告の場合

確定申告をしていて、白色申告で行っている場合は、所得を低く抑えているケースが、過去の経験則からは多い印象です。

収入(所得)が低い場合は、消費者金融では総量規制の関係があり、審査で厳しく見られる事もありますので、注意が必要かも知れません。

青色申告の場合

次に白色申告ではなく、青色申告の確定申告をしている個人事業主の場合は、ある程度申告をきちんとされている可能性が高いです。

そのため、収入面では心配もありませんし、むしろ金融業者によっては、個人事業主向けの商品(サービス)の提案をしてくる可能性もあります。

この個人事業主向けの商品ですが、「総量規制の対象外」として知られていて、下記の方でも詳しく書かせて頂いていますので、合わせて参考にして頂けると良いかと思います。

総量規制対象外のキャッシングについて

総量規制対象外のキャッシングは最短即日で融資可能なの?
貸金業法で導入された年収の3分の1以上の借入ができなくする規制「総量規制」ですが、原則借入の制限がされますが、例外的に総量規制を超える借入が出来るケースがあります。ここでは総量規制対象外の融資に関する借入について、最短即日で融資を行う方法について、まとめました。

個人事業主でも在籍確認はあります

サラリーマンの方と同じく、個人事業主でも在籍確認の電話連絡が行われますが、多くの方が自宅に固定電話がなく、携帯電話のみというケースで審査落ちしているという事です。

在籍確認は、基本的に固定回線に行うもので、個人事業主の場合だと自宅兼事務所の場合もありますが、その時は自宅へ電話をする事があります。

在籍確認について、こちらでまとめています。

キャッシングを即日で利用するために在籍確認を乗り越える方法を伝授
キャッシングを最短即日で利用しようと思った際に、審査でつまづくわけにはいかないですし、審査で重要な位置づけにあたる在籍確認をうまく乗り切るのは、とても大切な事になりますので、ここでは在籍確認をうまく乗り切るためのコツをまとめていきたいと思います。

銀行系カードローンよりも消費者金融の方が借入しやすいの?

個人事業主ですが、銀行系カードローンの審査に通るのは、なかなか厳しいと思って良いかと思います。

銀行系カードローンは、できるだけ安定した収入がある高収入のサラリーマンを一番のターゲットにしている傾向が強く見えます。

逆に、消費者金融は銀行系カードローンの審査にかからない場合でも、総量規制の問題をクリアすれば、審査できる可能性が残っています。

以上の理由より、個人事業主のの場合は、最初から銀行系カードローンで審査を受けるよりも即日融資を受けたい場合であれば、消費者金融で審査を受ける方が、無難といえるかもしれませんね。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪
※WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る