キャッシング 即日で融資を受けるのに専業主婦が不利な事はあるの?

消費者金融をはじめとするキャッシングのサービスを提供する会社は、基本的に「安定した収入がある」事を前提に、融資を行います。

では、専業主婦の方の場合だと、安定した収入があるとみなされるのか?

ここでは、最短即日でキャッシングが可能なように、専業主婦の方に必要な情報をまとめ、ご紹介出来ればと思います。

専業主婦が借りられる消費者金融は少なくなりました。

貸金業法と呼ばれる、消費者金融をはじめとするキャッシングを取り扱う金融会社が規制を受ける法律があるのですが、改正されて以降、専業主婦の借入については、

  • 夫の同意を必要となる。
  • 夫との給料を合算した上での総量規制が導入

となるので、なかなか本人の信用だけで融資を受けるという事が、難しくなっています。

パートやアルバイト、自営業の妻で専従者給与があればOKな可能性も

ただ、ご自身でパートやアルバイトをしている主婦の方や自営業の奥様で、ご主人の仕事の手伝いをしたり、内職をしたり、専従者給与を実際にもらっているなど、何かしら仕事をしているケースであれば、「収入あり」として、審査を受ける事も出来ます。

あくまで、「無収入の専業主婦」のみが、審査を受ける事が出来ないというものが、貸金業法による影響です。

配偶者貸付が可能な金融会社があれば、そちらで相談も可

なお、配偶者貸付については、多くの消費者金融では、内容が複雑かつ管理が面倒など、様々な理由が考えられますが、商品化されていないところが多いので、消費者金融で「配偶者貸付」を希望しても、受付してもらえない可能性が高いかも知れません。

【参考】配偶者貸付の内容
夫の収入が安定している事、年収額を夫婦で合算して総量規制以内である事。
夫の承諾がある事。
必要書類としては、妻の本人確認書類(契約主体は妻のため)、婚姻関係を推定出来る書類(住民票や戸籍謄本など)、夫の同意書、夫の収入証明書

専業主婦の場合は、銀行系カードローンに相談

消費者金融で専業主婦が借入するのはかなり難しい・・・という話をここまでしてきたのですが、銀行系カードローンと呼ばれる、銀行が主体にサービスの提供をしている場合は、貸金業法の適用外のため、総量規制はじめ専業主婦への貸付に関する制限もなく、専業主婦でも審査を受ける事ができます。

実際、大手の銀行系カードローンで、

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • みずほ銀行カードローン
  • りそなクイックカードローン
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング
  • じぶん銀行じぶんローン
  • 新生銀行カードローンレイク

これらのカードローンは、専業主婦でもご主人様に安定した収入がある事が確認できれば、申込する事が出来ます。

いずれにしても、契約はご自身の名前でする事になります

ここまで専業主婦がキャッシングやカードローンを借りられる方法について、様々な視点で紹介してきましたが、当たり前の事ですが、契約者名は「奥様本人」となります。

ただし、配偶者貸付のケースでは、ご主人様の負債情報をチェックするのに、信用情報への照会が行われたり、ご主人様の借入情報が金融機関の方で確認される事になります。

だからと言って、特に何か不都合があるというものではないですし、連帯保証人になるわけでもないので、その点は安心なのですが、例えば近々住宅ローンや車のローンを組むなどで、信用情報を照会する可能性がある場合は、ご主人様の信用情報上に「申込照会」と呼ばれる、アクセスした情報が出ますので、多少なりとも審査に影響が出る可能性があります。

【参考】申込照会とは
信用情報へ照会した際に、信用情報上に「どこかの業者が信用情報を照会した」という記録を残すものです。
信用情報は、申込者の同意がなければ、金融機関でも勝手に取得出来ないため、照会情報があるという事は、「申込をした」という事実と言えます。
借入自体がなくても、申し込みし、カードを作成した可能性があるという事で、全く照会記録の無い方たちよりも少し警戒される事もあります。

以上、キャッシングを最短かつ即日で融資を受けるために、専業主婦の場合に注意したい事のまとめでした。こちらの情報を参考の上、是非あなたに必要な借入先を検討いただければと思います。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪
※WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る