キャッシング 即日で融資を受けるのに学生だとNGなの?

キャッシングやカードローンの契約条件には20歳以上である事が、条件の一つとして挙げられますが、20歳を超えている場合でも、学生だと融資が受けられないのでしょうか?

まず、この点の答えですが、「安定した収入がある場合、融資を受ける事は可能」となりますので、バイトや副業をしている場合、またサラリーマン学生のような、本業がサラリーマンという方の場合は、融資対象にはなります。

この安定した収入があればという点ですが、

審査の基準は、キャッシング 即日融資でも紹介している通り、必ず審査に通る必要があり、各社に与信基準があり、それぞれ違いますので・・・

何をもって安定した収入があるかどうか。

という判断を示すのが、とても難しいのですが、一つの基準としては「総量規制」は、必ず守らなければいけない基準となります。

総量規制とは何??

キャッシングやカードローンの融資を受ける際に、必ず年収に対して3分の1を超える融資を受ける事が出来ないという「総量規制」が法律上の基準としてあります。

例えば、年収300万円の方は、キャッシングで利用できる限度額は100万円までという事になります。

この100万円という基準は、キャッシングの類になる借入総額全てを合わせた金額となりますので、例えば

  • A社で30万
  • B社で50万

の借入を消費者金融などのキャッシングでしている場合、残り20万円以上のキャッシングをC社で新規融資もしくは、A社、B社で借入をする事は出来ないとなぅてます。

総量規制の判断に、信用情報が重要に

この総量規制を判断する際に、お客様の申告だけで、借入額を判断するとなると、曖昧な基準となってしまい、総量規制を厳格に運用する事が出来ないので、消費者金融は「指定信用情報機関」を使って、必ず借入情報を確認する事となっています。

この信用情報機関というのは、

各金融会社が加盟し、借入情報、返済情報などを共有出来るように情報を登録し、必要に応じて照会する事が出来る。

ので、融資判断の際には、必ずチェックする事になります。

信用情報機関には、

  • JICC(全国信用情報センター)
  • CIC
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • テラネット

などがありますが、それぞれ加盟している金融機関は、借入希望者の同意を得て、照会した上で、融資審査の材料とする事になっています。

学生であっても、融資を受けるのに信用情報機関を利用

ここまで紹介してきたとおり、消費者金融でお金を借りるのに、融資審査を受ける方は、学生であっても、主婦であっても、サラリーマン、自営の方であっても・・

どんな方も必ず融資を受ける際に、照会する事となります。

最後に、補足となりますが、政治で選挙権が18歳へと引き下げとはなっていますが、消費者金融で融資を受けられる対象者は「20歳以上の成人」です。

18歳、19歳の学生へ融資をする金融機関はほとんどありませんし、あったとしても、未成年という事で、契約をする場合は、「親権者の同意が必要」となります。

そもそも、黙って融資を受けようとする行為は、親権者に迷惑をかけるだけでなく、自分自身の信用問題にも繋がりますので、オススメできません。

それよりも、どうしてもお金が必要な場合は、理由をきちんと説明した上で、家族にお金を借りれるようにする方が、無駄な利息を支払いしなくて良いですから、そのような方向性で努力しましょう。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪
※WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る